TRN TA1 低価格帯にも関わらずKnowles BAを搭載したハイブリッドイヤホン

2021/07/24

TRN イヤホン レビュー 星3

t f B! P L
TRN TA1
TRNはKZのライバルといえるイヤホンメーカーです。出たばかりの頃は品質の問題などでいろいろと悪評もありましたが、ここ最近は品質的にも大分安定してきており、低価格帯を中心としていることもあって初心者にもおすすめできるメーカーとなりました。

今回の記事で紹介するTRN TA1は、低価格帯で購入可能なハイブリッドイヤホンでありながら、Knowles製のBAを搭載した製品となっています。

製品特徴


スペック
名称 TA1
メーカー TRN
値段 約4300円
接続 有線 3.5mm
音質傾向 高音域が強めのドンシャリ
感度 107 dB
インピーダンス 16 Ω
周波数範囲 10 ~ 40000 Hz
操作法 なし
防水 なし
付属品 イヤーピース
シリコン製2種3セットずつ
フォームタイプ1セット
説明書
備考 Knowles BA1, 二重磁気DD1
マグネシウム合金製、MMCX端子
4芯銀メッキ銅ケーブル

低価格帯にも関わらずKnowles BAを搭載

昨今はハイブリッドイヤホンでも低価格で購入可能な時代になってはいますが、その殆どが中華製の価格のお安いBAを搭載している事が殆どです。

ですが本機はアメリカのKnowles製のBAと、8mm二重磁気ダイナミックドライバを採用した贅沢仕様となっています。

音質はいい感じのドンシャリ

音質的にはドンシャリと称するのが最も適切です。パワー系のドンシャリではなく、軽やかなドンシャリという感じのサウンドに仕上がっており、この価格帯のイヤホンの中では軽やかなシャリつきを楽しむイヤホンだと感じます。

高音域は若干シャリ付いていて、金属音が心地よいです。派手さはありますがすっきりとして抜けが良い、歪みの少ないサウンドを奏でます。
しかし、結構攻めた調整をしていて、人によっては刺さると思われるので、ここは好き嫌いが分かれるでしょう。

中音域は若干引っ込んでいるものの、ボーカルは分離がはっきりしているので歌ものでも問題なく再生可能です。
結構癖のある高域とは違い、このイヤホンの中音域は比較的ニュートラルに感じます。

低音域はズンズン来るほど強くはありませんが、深さは感じさせられます。音圧がしっかりしている事もあって主張ははっきりしていますが、そこまで重量感は感じません。

音場は良くも悪くも普通です。奥行きこそ感じられますが立体感を感じさせるかと言われると、それほどでもないかなと。

バランス接続にしてDAPなどの駆動力の高いもので再生してやると低音が強化され、よりドンシャリに磨きがかかります。ただバランス接続ですと、低音がより前にきた影響で中音域がより引っ込んでしまうので、上位互換というわけではありません。

本機は低価格帯の製品なので、スマホでも比較的鳴らしやすい部類のイヤホンとなっています。

マグネシウム合金製の筐体

本機の筐体はマグネシウム合金製となっております。
こういった金属筐体はTRNの得意とする製品特徴です。鏡面仕上げなので少々指紋と傷が目立つ可能性があるのは注意です。

低価格帯の製品なので、傷はそこまで気にしなくても良いと思いますが、気になるのであればセリアなどで売っている、液晶保護液でも塗布してあげると良いでしょう。

装着感も良好で、転げ落ちやすかったり重かったりはしません。
ただ私は付属のシリコン製のイヤーピースだと、耳に触れている部分が痛くなりました。
付属しているフォームタイプのイヤーピースに変更すれば、しっかりと固定できるようになり痛みはなくなりました。

空気穴が空いていることもあって、少し音漏れも感じますが、人が多い場所では騒がしいので相対的に気にならないレベルとなっています。

付属品も何気に豪華

白いイヤーピースと黒いイヤーピースがサイズ別に計12個、さらにフォームタイプのイヤーピースも2個付いてきます。
このイヤーピースそれぞれの質も決して悪いものではなく、十分な厚みと硬さのある実用的なものです。

ケーブルも銀メッキ4芯3.5mmアンバランスケーブルで、十分実用的な内容となっています。

低価格帯のイヤホンとしては珍しく、MMCX端子を使用しています。
もちろん低価格帯にありがちな端子不良が出やすいなんてこともなく、リケーブルしてみてもグラついたりするような事はなかったです。

まとめ

良い点
  • 低価格帯なのにKnowles BA搭載
  • いい感じのドンシャリ音質
  • マグネシウム合金製で見た目も悪くない
  • MMCX端子
  • 豊富な付属品
悪い点
  • 人によっては高音域が刺さる
  • 鏡面仕上げなので傷指紋が目立つ
  • 少々音漏れする
おすすめ度:★★★☆☆
結構癖の強いキャラクター付けがされていますが、私的には好みの音質をしています。
ただし、如何せん高音が刺さるリスクやら指紋ベタベタになりやすい点を考慮すると星3になってしまいます。指紋ベタベタさえなければ星4でも問題ない素晴らしいイヤホンだったのですが。

まさか低価格帯でKnowles BAを搭載したハイブリッドイヤホンが出る時代になるとは、非常に末恐ろしいです。確かにKnowles BA=高音質というわけではありませんが、ブランド名は非常に大きなアピールポイントと言えるでしょう。

本機は間違いなく低価格帯ではおすすめできる1台なので、気になった人は是非購入してみると良いでしょう。高音域が強いのが嫌でなければ気に入っていただけると思います。

TRN TA1
低価格帯なのにノウルズBAを搭載したハイブリッドイヤホン。
 

プロフィール


CheapCat3
主にイヤホンに関する記事を投稿していきます。
Twitterのフォローをしていただけると嬉しいです。



このブログを検索

カテゴリー

姉妹ブログ

メインブログです。

格安ガジェットブログ

不定期更新の映像作品関連ブログです。

機械猫の映画レビューブログ

参加ランキング・RSS

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

QooQ